ラスベガスで大きな損失を蒙るなど、私たちの記憶に残っている著名人も多いですよね。株式投資をそのギャンブルと同様だとする声もある様です。しかし、その目的、又、利益や損失など、全体的な意味合いは全く異なると言っても過言ではありません。企業の成長や経営状態に左右される株価。その株価が上昇したり、下落したりする株式投資は損切りの手段を講じて、損失に対するリスク回避の調整を可能にしますし、その一方で利益も生み出します。

投資する金額は現在の手持ちの資金を活用して、将来の自分の資産増殖を目的とした運用法が、株式投資です。そこには成功に繋げるための専門的、且つ高度な分析力や知識が必要で、なかなか一筋縄にはいきません。しかしながら、経験を積み上げ、慣れてくると成功へのコツが見つかり、トータル的に利益を生み出す自分独自の環境を構築する事が出来るのも、株式投資の最大の魅力です。

ギャンブルは、娯楽と言うサービスを利用する為に支払うお金で、一か八かの賭けをするものです。将来を見据える事は出来ませんし、利益は愚か、損失ばかりが続く事も考えられ、結果的に大きな痛手を蒙ることになります。娯楽としてのギャンブルと、資産運用の違いは一目瞭然ではないでしょうか。