よく株式投資をはじめた初心者などから聞くのが、せっかくこつこつプラスにしたのに、この前大損しちゃってなどという言葉です。いわゆる、小さく儲けて大きく損するというやつです。

そもそも、そのような事態になってしまうことにはリスクマネジメントが上手く出来ていないからです。投資はギャンブルではありません。リスクマネジメントをすることで損失を抑え、しっかりと利益を生み出すことが可能なのです。

では具体的にどうやってリスクマネジメントを行えばいいのかというと、簡単なものとしては相場の情報をシャットアウトするというのもいいかもしれません。株式に関する情報は、これだけインターネットが広まった社会においてはほとんどの投資家が入手して分析しています。するとみんな同じようなベクトルで投資をするのでなかなか利益は生み出せません。

それよりもチャートの動きを分析して、余計な情報を含めないことで、毎回同じパターンで投資を行うことができます。この同じパターンでの投資というのはリスクを抑えて確実に利益を生み出せる1つのポイントといえます。